top of page
トルコ(オスマン帝国時代)男性衣装カフタンKaftan

トルコ(オスマン帝国時代)男性衣装カフタンKaftan

トルコ(オスマン帝国時代)カフタン (19世紀初め頃)

 

カフタンは(kaftan)は、ローブまたはチュニックの変種である。アジア発祥のこの衣装は、何千年もの間、世界中(主に北アジア、東ヨーロッパ、中央アジア、南西アジア、北アフリカ等)の多くの文化で着用されてきました。

 

カフタンの起源は定かではありませんが、古代メソポタミアで最初に現れたと考えられています。

 ふくらはぎまで、時には膝のすぐ下まで長いローブとして説明され、前部が開いており、袖は手首または腕の真ん中までわずかにカットされています。

 

ウール、カシミヤ、シルク、または綿でできており、サッシュを着用して着用できます。

一部の文化では、カフタンは王族の象徴として着られていました。オスマン帝国時代に人気を博し、細部まで精巧にデザインされた衣服は、トプカプ宮殿で大使やその他の重要なゲストに贈られました。

色、模様、リボン、ボタンなどの衣服の装飾は、それを身に着けた人の階級を示しており、

オスマン帝国のスルタン・スレイマン大帝は、繊細かつ高度な技術の織物のカフタンを着ていました。

 

トルコで製造されるほとんどの生地はイスタンブールとブルサで作られていましたが、一部の繊維製品はヴェネツィア、ジェノヴァ、ペルシャ(イラン)、インド、さらに中国など遠くから入れていました。

 

15世紀から19世紀にかけてのスルタンの約2,500点のカフタンやその他の衣服が、トプカプ宮殿博物館に保存されています。

(参照:wikipedia)

 

本品はストライプの表面は絹、中側は白のコットンです。(本品は古いモノです。中側の白コットン部分はシミが多数あります。ご理解の上ご購入下さい。)

サイズは写真を参照してください。

モダンアートとしておうちのインテリアにも素敵です。

 

    ¥22,000価格
    消費税込み
    bottom of page